お部屋プロデュース例

いま最も手堅いと言われるAirbnbの不動産投資。しかし、他の投資と同じく誰もが始めて、誰もがリターンを出せるという訳ではありません。重要になってくるポイントが、①立地 ②部屋のインテリアの2つと言われています。

そもそもAirbnb(民泊)というのはあくまで旅行者の宿泊形態のひとつであり、特に現在の顧客ターゲットがほとんど外国人であることから考えても何がポイントになってくるかは明らかです。

あなたが海外旅行の際にホテルを選ぶポイントは何ですか?

空港からのアクセスがいいか?主要な観光地までのアクセスがいいか?夜遊びも楽しめるエリアにあるか?などなど
このようにまずは立地を気にするのではないでしょうか。では良い立地のゲストハウス用の物件の情報を手にれるにはどうしたらいいかということですが、これには不動産業者、大家、オーナーさんとの関係が大きく左右してきます。

いきなり街の不動産屋さんに行って、紹介してくださいと言って良質物件に出会える可能性はまず少ないでしょう。
最近管理会社から依頼されて、物件の運営を任せて頂くこともありますが、みなさん口を揃えて言われるのが、

「民泊可能と言って募集するとすぐに埋まるので嬉しいが、素人の方が運営すると他の住民とのトラブルになるので信頼できる方に任せたい。」

このように良質物件は私たちのように何件も運営をしている人間のところにまず情報がいき、そこで余った物件情報だけが街の不動産屋さんのもとに流れていくのです。

逆に大家さん、管理会社さんの気持ちになれば民泊という事業の運営を見ず知らずの人に任せるでしょうか。何度か依頼して、トラブルがない方、信頼関係が構築されている方に任せようと思うのが自然な流れだと思います。

私たちのもとには今まで運営を依頼された管理会社さま、大家さま、それらのご紹介など多くの物件情報が毎日のように飛び込んできています。こちらからメールアドレスをご登録頂ければ、民泊可能な良質物件が出てきましたら随時ご連絡差し上げています。

mail お問い合わせはこちら 

 

※上にもありますようにトラブルを避けたいという思いで、私たちに情報を流してくれている方のご意向に沿うためにも、入居の前に弊社との面談(遠方の場合はスカイプでの面談)を必須とさせて頂いております。

では次にいい立地を選んだ後に重要となってくるポイントです。

Airbnbで旅行をされたことがなくても、Agodaや楽天トラベルなどで旅行したことがある人にはイメージしやすいと思いますが、宿泊希望エリアを選んで、地図が出てきて、ここの場所にこんなホテル、部屋がありますよという画面が、

airbnb サンプル画面

Airbnbではこのような画面となります。
ここで注目して頂きたいのがAirbnbはAgoda、楽天トラベルなどと違いホテルが表示されるのではく、部屋の内装・インテリアが表示されるのです。このように他の部屋と並んだ時に見栄えのするインテリアが必要になります。

私たちもこれだけ色んなインテリアの部屋があれば誰だってお洒落じゃない部屋には泊まりたくないですよね。
部屋を選ぶ際の色んな部屋のインテリアを見ながらワクワクするような感情も世界的に若者を中心にAirbnbが爆発的に広がっている要因のひとつかもしれませんね。

話がそれましたが、ここで私たちが「収益を生む部屋」をコンセプトに内装をプロデュースした一例をご紹介します。

弊社プロデュースの例

背景としましては、オーナーさんがAirbnbが儲かるぞという事を聞き、早速お部屋の3部屋にベッド、簡単なテーブル、ドライヤーなどを設置し運営を始めたそうですが、待てど暮らせどゲストからの問い合わせすら来ません。そこで弊社に問い合わせが来ました。

弊社プロデュース前の状態

airbnb 弊社プロデュース前のお部屋の状態

お部屋(ビフォア)

airbnb 弊社プロデュース前のお部屋の状態

お部屋(ビフォア)


弊社のデザイナーが内見に入り、早速ベッドの引き取りをリサイクル業者に連絡し始めると、少し怒り始めていたオーナーさん(笑)

弊社プロデュース後はこのようになりました

airbnb 弊社プロデュース後のお部屋の状態

お部屋(アフター)

airbnb 弊社プロデュース前のお部屋の状態

お部屋(アフター)


少し手狭の部屋でしたが、収益性をあげるため4人収納を目指し2段ベッドを置きました。
「もともと2段ベッドがあるのにわざわざ買う必要がありますか!?」と怒っていたオーナーさんもこちらの出来にはご満足でした(笑)

airbnb 弊社プロデュース前のお部屋の状態

お部屋(アフター)

airbnb 弊社プロデュース前のお部屋の状態

お部屋(アフター)

airbnb 弊社プロデュース前のお部屋の状態

お部屋(アフター)


もともとはふすまで仕切られたどこにでもある和室の部屋でした。ふすまを取り外して、ロールカーテンにして部屋を広く見せながら、白を基調としたお洒落なリビング+ベッドルームにしました。

airbnb 弊社プロデュース前後でお部屋の状態がこのように変わります

違う部屋を載せているんじゃないかと思われる方のために(笑)
壁際に掛けられている不自然な位置のエアコンの配管を見て頂けると同じ部屋というのが分かると思います。

もちろん内見の際にスマートフォンで撮ったものと一眼レフでしっかりと撮ったという差はありますが、
あなたは旅行でこの2部屋が同じ場所にあればどちらの部屋に泊まりたいですか?

そして最後のお部屋がこちらになります。

airbnb 弊社プロデュース後のお部屋の状態

airbnb 弊社プロデュース後のお部屋の状態

弊社のお部屋プロデュースについて

弊社のデザイナーがもともとは自分でゲストルーム運営、そして現在は弊社の清掃代行部門のマネージャーを務めており、80件以上の物件を清掃管理していることから、Airbnbでお洒落に見える部屋の作り方に熟知しております。
もちろんAirbnbの不動産投資としての側面も熟知しており、低予算でなるべく収益を生みやすいお部屋を手掛けます。

このようにまずは①良い立地に物件を選び、②数ある部屋の中から目立つようお洒落なインテリア・内装で他と差別化することで、弊社はお客様のAirbnbのお部屋プロデュースを手掛けています。

Airbnbに興味がある、もう始めているけれど全然収益が生まれない、そのようなお悩みの方は弊社まで是非ご一報下さいませ。

空室と外国人を受け入れるおもてなしの心を収益に変えるサポートを私たちが全力でさせて頂きます。まずはお気軽にお問い合わせください。

mail お問い合わせはこちら