大阪の民泊

Airbnbの良さ、それは自動化(オートメーション)をすることで自分がいなくても収益を上げ続ける部屋を作れること。
つまり自分がどこに住んでいようが、オートメーションさせ達成することが出来れば日本全国どこの物件を選んでもいいということです。
それでは私たちが運営をお勧めする大阪エリアでのAirbnbでの運営メリットをご紹介します。

 

大阪が一番収益を確保しやすい3つの理由

1. 世界で一番Airbnbビジネスが盛り上がっている

民泊の仲介サイトとして世界最大手のAirbnbが発表した2016年に訪れるべき都市の一位として大阪が選ばれました。

去年(2015年)1年で旅行者数が増えた地域として、世界一位の7,000%増となっており、第二位のバンコクの1,230%を大きく離しています。
世界一盛り上がっている市場でビジネスを出来るという機会はあまりあるものではありません。
参考のニュースをこちらです。

2. 宿泊施設が最も足りていない

ここで2015年のデータですが、下記のようなデータがあります。

外国人旅行客の需要
  1. 東京1320万
  2. 大阪620万
  3. 北海道389万

 

そして、これらの観光客を受け入れる供給に注目した場合は下記になります。

ホテルの稼働率
  1. 大阪 85,5%
  2. 東京 83,2%
  3. 京都 82,3%
  4. 神奈川 81,7%
  5. 愛知 80,9%

 

外国人の数が多くて、かつホテルの供給も足りていないという日本一宿泊業をするのにバランスの良いエリア大阪

 

3. 初期費用が安く、簡単にスタート出来る

これは東京と比べて、京都はじめ関西圏全般に対して言えることだと思いますが、まず初期費用が安い。

1,2で挙げたようにこれほどの好条件が揃っている収益を生みやすい環境で、初期費用、つまり損益分岐点が低いというところは大きいと思います。

では肝心のどうやって始めるの?というところですが、弊社ではAirbnb運営を続けている中で民泊可能物件の情報が毎日のように入ってきます。
こちらからご連絡先をご登録頂けた方には優先的に高収益物件の情報を流させて頂きます。

Airbnbに興味がある、外国の人たちと接する仕事がしたい、副業でしっかりお金を稼ぎたい、少しでも当てはまった方は、ぜひお問い合わせ下さい。

mail お問い合わせはこちら