民泊とは?

WHAT IS 民泊?

WHAT IS 民泊?

範囲がかなり広いとは思いますが、民家に宿泊することを民泊といいます。

例えば、友達の家に泊まることは民泊になりますし、当日に知り合った人の家に泊まることも民泊に当たります。

このように従来、無償で民家に泊まることが民泊の意味でしたが、最近はその意味合いが少し変わってきています

体験型の民泊

田舎体験や農業体験など、地域交流の視点や移住者の受け入れに対する前段階として最近では体験型の民泊があります。
自然・文化・伝統などに触れ合う余暇活動を求める都市圏のニーズと、そのニーズを活用したい地方の利害が一致することから、地域活性化なども含め多いに期待されています。

しかし問題もあります。もし、体験型の民泊が宿泊料を受け取る前提で運営されていれば、それは営業=民宿とみなされて、旅館業法の適用範囲にかかってくることです。

そこで、農山漁村で体験型の宿所を提供する場合、既に農山漁村余暇法によって、農林漁家体験民宿の営業(宿泊料を受け取る民宿業)が認められています。

体験型の民泊

体験型の民泊

ビジネスとしての民泊

ビジネスとしての民泊

ビジネスとしての民泊

昨今の外国人旅行者の増加による宿泊需要の増加傾向から、観光地,都市圏を中心に民泊が新たなビジネスとして注目されています。従来のような無償で宿泊するのではなく、宿泊する部屋を提供する側と利用者の仲介を行うサイト(代表例:airbnb”エアビーアンドビー”)を通して旅行者に対し有償の宿泊を目的にした民泊が広がりを見せています。

観光庁によれば、日本国内の延べ宿泊者数は平成21年まで3億人泊程度で、そのうち外国人宿泊者数は、6%~7%程度ほどでした。
ところが、平成22年から増え始めた延べ宿泊者数は、平成26年には4億7,000万人/泊に達し、外国人宿泊者数も約9.5%まで増えて、増加傾向は平成27年も続いています。直近の数値としては、平成27年7月が延べ宿泊者数4,600万人/泊、外国人宿泊者数は680万人/泊を超えました。

比率は14.7%となり、平成27年の外国人宿泊者数は、前年同月比で約50%増です。つまり、日本の宿泊者は既に7人に1人が外国人で、今後も増え続けることが予想されますから、観光シーズンに限らず宿泊施設の予約を取りづらい状況が、今のままでは日常化していくと考えられます。

そこで注目されているのが先ほど述べたairbnb等の民泊提供サイトです。今後、ホテル業界の資本投入で、客室数は増えていくと見込まれますが、ホテルは今日建設して次の日できるものではありません。
その点、民泊提供サイトに登録されている物件は、状態や利用方法が異なるとはいえ、客室不足を補う大きな存在であると考えられます。

上記で説明させていただいたように、現在の日本にとって民泊は非常に重要な位置にあるとおもわれます。勿論、法整備が追い付いていない状況ではありますが、利用者一人一人が理解を深めていくことによって必ず未来は明るくなっていることでしょう。

民泊に関するお問い合わせなどは気軽にこちらまで。 民泊を初めてみたいけど、どこから始めたらいいか分からないという方には民泊のお部屋を物件探しから内装、インテリア、運営代行までプロデュースするパッケージもご用意しております。

mail お問い合わせはこちら